CheckList Hack!

なりたい自分になるためのチェックリスト習慣!

日々のタスクをこなしつつも長期目標に近づくスキルを身に着ける

一日のスケジュールをたてるとき、なんの戦略もなく目の前のやるべきことをやっているのでは、長期的な自分の目標にいつまでも近づくことがありません

これは中長期的に見て大きな損失をまねくことになります。

3年後、5年後には自分はその分、歳を取っているわけです。そのとき目標に向かってなにも進捗していなかったら、今から始めるより実現する確率は著しく下落しています。

これは重大なことです。なんとなしに時間を過ごしてしまうのは、人生を台無しにすることにつながります。

なので中長期の目標を常に意識しつつ、一日をどう盛り上げていくか。これが時間術のポイントになります。

少なくとも長期目標をまいにち目にするところに書いて貼ることだけはした方がいいですね。意識するのとしないのでは全然違います。そのうえで、1日のスケジュールを立てていきましょう。


f:id:linkedsort:20191128000114j:plain



ポイントまとめ

 ポイントチェックリスト
 チェック済みの行をクリック/タップ
毎日の生活にハイライトを設定する
ハイライト=長期的目標と日々のタスクの間に位置する「ちょうどいい目標」
レーザーモードに入れる環境を用意する
レーザーモード=集中モード。ゾーンに入るモード。
自分のエネルギーをチャージする
仕事続き、勉強続きでエネルギーがきれた状態だとスマホいじりなど手軽なものばかりやってしまう。
時間術を自分向けにチューニングする
本が推薦する時間術は自分にとってピッタリかを検証し、調整する。
ハイライトの時間を確保しておく
カレンダーあぷりにハイライトの時間を入れておく。
瞑想やワークアウトをとりいれる
脳をリフレッシュする効果がある。






各ポイントの詳細を参考動画・リンクをもとに見ていきます。

忙しい人ほど必見!「時間術大全」を5分で簡単解説!

毎日の生活にハイライトを設定する


ハイライト=長期的目標と日々のタスクの間に位置する「ちょうどいい目標

ハイライトを決める基準=緊急性が高い、やりとげた満足感が高い、喜びのなかからどれが重要なのか、直感で決める。この3要素を意識する。

毎日この「ハイライト」のタスクを設定する。

長期的目標に少しずつ近づく工夫がポイントです。

日々やらなくちゃいけないことをこなしているだけでは、長期目標がなんだったかを忘れてしまいます

お金持ちになりたいのだったら、将来金を生む仕組みをちょっとずつ構築していく。

モテモテになりたいのなら、体を鍛えてスリムで健康的な肉体に少しずつ近づく。

頭で勝負できる人間になりたいのなら、少しずつ読むのがしんどい本を読む。

長期的目標に近づくということは、ワクワクすることだし、その日の「ハイライト」というのにふさわしいですよね。



f:id:linkedsort:20191128000337j:plain



レーザーモードに入れる環境を用意する


レーザーモード=集中モード。ゾーンに入るモード。

SNSを排除、なんとなく見てしまうニュースなど削除、ウェブブラウザを排除。こういう環境を用意する。

ダラダラ脱線してしまう要素を全部排除しようということですね。

ネットにつながっていたら無限に新しいトピックはやってきます。これを排除して集中します。

もちろん集中の入り方は人によります

自分は高校生のときは、ひたすら格闘ゲームをやっていて、ラウンドの合間に数学を解いていたというのをよく覚えています。

それが一番集中できるならそれでもいいと思いますよ。






自分のエネルギーをチャージする


仕事続き、勉強続きでエネルギーがきれた状態だとスマホいじりなど手軽なものばかりやってしまう。

エネルギーをどうやってチャージするかを本気で考える。軽い運動、自然な食品、自然に囲まれる、仲のいい人と接する、睡眠。

このチャージのことを全然考慮に入れないと、長続きしないわけですね。

せっかく手に入れたよい習慣が無理をするとすぐに台無し

しかもいい感じに集中できる方法をみいだしたのに、チャージを怠ったせいで集中できなくなり、自分にとってよくない方法だと勘違いするようなことになると最悪です。

朝起きて、疲れが残っているようならチャージ不足。食べ物なのか、休息なのか、足りないものを特定して対策していきましょう。



f:id:linkedsort:20191126221212j:plain



時間術を自分向けにチューニングする


本が推薦する時間術は自分にとってピッタリかを検証し、調整する。

1日のメモを取って、今日のハイライト、今日のレーザーモード、今日のエネルギーを記録。
課題があれば改善を行い、これを繰り返す。

チャージ不足の修正はもちろん、ワクワク感たがりない、集中感が足りないなど、分析して修正するわけです。

逆に言うと、いきなり完璧なスケジュールは作れないので、まずは適当にやってみて、修正すればいいというわけですね。

修正の観点として、

  • ハイライト
  • レーザー
  • チャージ

の3要素を意識するというわけです。










時間術の凄テク

ハイライトの時間を確保しておく


カレンダーあぷりにハイライトの時間を入れておく。

人に言われて時間を割いているばかりでは主体的になれない。

自分のカレンダーにどんどん予定を入れていくのはずいぶん前から取り入れてます。

「資料作り」などでざっくり2時間とか入れてしまうより、何の資料を作るのかなど具体的にして30分刻みくらいに入れていくと取り回しがよいのでおすすめ。

細かくTODO管理できますし、ほかの予定との時間調整が容易になります。


f:id:linkedsort:20191127233920j:plain



瞑想やワークアウトをとりいれる


脳をリフレッシュする効果がある。

チャージの仕方の一つとして、瞑想を取り入れるのはとてもいいことです。

自分のオフィスは昼休みに照明を落としているのでやりやすいのですが、Youtube musicで瞑想系プレイリストを選択して目をつむってじっとしてます

これだけで脳はずいぶんリフレッシュされます。

視覚の刺激を遮断し、耳もふさいでいる形です。

昼休み終わり直前の時間にアラームを一応いれておいて、残り時間を気にしないようにします。

これで完璧。昼ご飯を腹八分目にして、少し早くオフィスに戻ってゆっくり瞑想して過ごすのはとてもよい習慣です。







時間術大全
人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

評価: f:id:linkedsort:20180205213552p:plainf:id:linkedsort:20180205213552p:plainf:id:linkedsort:20180205213552p:plainf:id:linkedsort:20180205213552p:plain (3.9)
価格: 1,426 円


詳細をみる




まとめ

時間術大全は「大全」というだけあって87もの時間術が紹介されています。

最終的には自分の生活や特性にあったスケジュール管理を身に着ける必要があります。つまりカスタマイズする必要があります。

なので元ネタの技をたくさんしっておくとよいですね。そこに絶妙な配合があるはずです。

そして長期目標の実現にむけて少しずつ進捗するようにステップを刻んでいきましょう!